読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神戸物語 9 (転載禁止)メイと亜希子の再会編

「亜希ちゃ〜ん」

この声はお姉ちゃんの「メイ」の声です。

お家を出て約四十分。
亜希子さんとの待ち合わせ場所に
やっと辿り着きました。


お姉ちゃん、走ってきたのかな?


はぁ、はぁ、と息を弾ませながら

「ごめん、遅くなってごめんよぅ。
待たせて、ほんまごめんね。」

と亜希子さんに言っています。

だいぶ息が上がっているようですよ。

「ううん、私も今、着いたとこ」
と亜希子さん、ニッコリ笑顔で
答えてくれました。

四ヶ月ぶりに再会したメイと亜希子さん。

先ほどからお互いに手を取り合って
ゆっくりと言葉を噛み締めながら
話ています。


「亜希ちゃん、元気だった?
お父さんやお母さんは元気?
姫路は変わりない?」


「うん。元気だよ。みんな元気。
変わりないよ。
メイちゃんは?メイちゃんは元気?
皆さん、元気?」


「うん。うちもみんな変わりないよ。
みんな元気にしてる。
今日はゆっくりしていってね
こちらに来てくれてありがとう。」


「こちらこそお呼ばれありがとう。
今日一日、宜しくね。」


メイや私達一家が、神戸に引っ越しを
するまで亜希子さんとメイは中学生時代
いつも行動を共にし、会話をしていました。
はたから見ていても、本当に仲良しの
二人でしたよ。

それが、四ヶ月、離れ離れになっていたのですから、とても寂しかった事でしょうね。


四ヶ月って短い期間のようですけど、
二人にとっては長かったはず。

メイと亜希子さんが再会出来て私、とても嬉しいです。

私も亜希子さんのお顔が見れて良かった。

 

今日は神戸の港で花火大会が開催されます。

メイは亜希子さんを連れて花火大会に行くと
昨夜話ていました。

神戸の夜空に何万発の花火が打ち上げられます。


きっと素晴らしい夜・思い出になるはず。

では皆様、次回に。

ご機嫌よう。

 f:id:enkei4616579:20170207181928j:image