読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神戸物語12 (転載禁止)メイのお母さん編

メイと亜希子さんがお店の中で会話をしていると
奥から赤いカットソーを着たうちのお母さんが出てきました。

はい。メイと私・アンの母です。
ここでちょっとうちの母の紹介をしますね。

母はベトナムホーチミン市出身で
十人姉弟の長女として生まれ育ちました。


母は優しくて笑顔がとても素敵なんです。

若い時はすんごく美人で(今も綺麗ですよ)「もてた」んだそうですよ。

そして大学の講師をしているお父さんに
見染められて結婚したんだと聞いています。

美男・美女のカップルだって村では
評判になったんだとか。

そして父についてベトナムから日本まで
母はやってきたんですよね。

日本へ行く事、ただ旅行するのではなく『移住』するんですからすんごく勇気がいったと思います。
私達も一緒についてきた訳ですけれど、
お母さん、慣れない日本で大変だった時も
あったと思うのに、いつも笑顔で私達に
接してくれていました。

あっ、母が亜希子さんの姿に
気づいて何か話していますよ。
家族の中ではいつもベトナム語
使って会話しますが、
日本にいる以上、商売をする以上、
やはり日本語を話す必要がいりますよね。


母は、四十代で日本語を覚えたんです。
少し訛りはありますが、日常には差し支えが
ないくらいの会話が出来ます。


「亜希ちゃん、元気?
よく来たね。」

母が笑顔で亜希子さんに語りかけています。

「こんにちは。元気です。」

亜希子さんも笑顔で答えています。

「メイ、そこの冷蔵庫に冷たいお茶が
入っているから亜希ちゃんに出してあげなさい。」


「あっ、すみません。おかまいなく。

ありがとうございます。」

亜希子さん、母に頭を下げています。

外はとても暑かったでしょう。

エアコンの効いた店内で涼んで
暫く、ゆっくりして下さいね。

 

f:id:enkei4616579:20170507084748j:image